個人事業主はやる気さえあれば誰でもなれる

岩松勇人氏がよくセミナーなどで話していることは「然るべき人に教わって、然るべき方法をとれば必ず成功する」ということです。
実際その通りだと私は思います。普通の仕事に関しても、指導者に対するフィルターが厚い人は中々仕事をものにすることが出来ないし、素直に指導者のいうことを受け止めて、素直に行動する人は、仕事をものにするのも早いのではないでしょうか。
岩松勇人氏が主に行っているビジネスは「物販ビジネス」といわれるもので、正しい方法さえ分かれば誰でも成功できると豪語しているものですが、そう聞いてても疑ってしまうのが人間というものです。然るべき人というのはこの場合岩松勇人氏ということになりますが、岩松氏のセミナーを聴いた人全員が成功するかどうかは一人一人の素直さによるものということになると思います。岩松氏のセミナーを聴いてその通りに行動する人は成功するし、少し疑いをもって自分流を貫く人は成功するまでに時間がかかるということといえるかもしれません。
というのは岩松氏自身、正しい方法を知るまでに長い道のりがあり現在に至るという経験があるからです。独学でネットビジネスを成功させるのはかなり難しいといえます。岩松氏は早々に良い指導者に出会えたのでしょう。その人のやり方に切り替えたことで今があるのだという経験があるからこそ、自分のやり方に自信があるのではないでしょうか。
経営者として一番必要な要素は「素直さと行動力」だと思います。自分がどうなりたいかを明確にし、そのためにはどうしたら良いかを考え素直に成功者の方法を受け入れ行動する、これが経営者としての在り方だということになると思います。

おすすめリンク

物事を成功させるにはその方法を知ることである

個人事業主には、会社に属するタイプと属さないタイプがあります。 会社に属するタイプは、いわゆる「委託」というもので、会社から仕事をもらって報酬を得ている方になります。 属さないタイプは「一人社長」というと分かりやすいかと思いますが、エステサロンやネイルサロンなど独立して一人で経営している方になります。

既存しているものに属して頂点にのぼる

普通の会社勤めをして実績をあげ社長にまで上り詰める。 会社勤めをしている方なら誰もが憧れる出世道だと思います。こういったいわゆる中小企業で成功をおさめるには何が必要なのでしょうか。 その正しい答えはないかもしれませんが、限りなく経営者に近づけるような方法を考えていきたいと思います。

経営者には種類がある

経営者には大きく分けて4種類あります。 起業家、企業家、事業家、実業家、という種類がありますが、その違いについてしっかりと説明できるという方はどれくらいいらっしゃるのでしょうか。 それぞれの特徴をふまえて、正しい経営者としての在り方について考えていきたいと思います。